講師コンサルタント 栄養士サポート・給食サポート

事例)イオングループ様

イオンカラム
HACCPに関しての講演で全国各地にて登壇させていただいております。
世界の食品安全の基準となる仕組みを取り組むと、同じ尺度で言葉の通じない国にも食品安全を徹底していることが、証明できる規格の食品衛生管理のプログラム。それが、HACCPです。

HACCPは、国際的に通用する衛生管理の基準です。
”衛生管理の共通言語”として、全世界に広く浸透しています。
日本でも今後、多くの来日外国人や、海外輸出に頼らなければいけない現実、また食安全の世界レベルの基準への水準向上など、様々な現場で求められている、衛生管理システムなのです。
日本では、多くの誤解がありますが、過去の日本における国レベルでのHACCPの誤訳・誤認が原因であり、厚労省はこの事には大いに反省をしています。
現在は、莫大なお金をかけて”取得するHACCP”から、正しい”実施できるHACCP”への過渡期です。
これまでの作業手順を見直して、見える化して、共有する。
みんなで、責任を持って、同じ方向を見て、情報を共有して取り組む!
そういった、仕組み作りをするのが、HACCPなのです。
講演ご依頼

事例)株式会社マルワ様

マルワ様公演
管理栄養士さん・調理師さんなど、スタッフ1200名を超える委託給食会社さまの社員の研修を担当しております。
日々現場の最前線で、ご活躍のみなさんから毎回たくさんのご質問を受けながら、研修を進めます。 講師として調理実演デモンストレーションと組み合わせた社員研修も企業のコンサルティングの一環です。

オフィスでパソコンに向かい栄養計算に没頭する日々。
厨房で時間に追われ、調理作業を行う日々。
実際に、現場では、これまでの習慣を元に、安全で美しく美味しい食を届けようと、皆さんが努力を重ねていただいています。
私自身、自ら栄養士でもあり調理師として、大学及び専門学校講師や現場指導を進める中で、
デモンストレーションのご依頼